想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食料の安定供給に万全-緊急事態宣言で野上農相2021年1月8日

一覧へ

1月8日に政府が4都県に対して緊急事態宣言を再発令したことをうけで野上浩太郎農相は、同日、大臣メッセージを出した。

緊急事態宣言は2月7日までの31日間、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に発令された。

野上農相は実施区域の地方自治体と農林水産省は連携協力体制を確立しており、食料の安定供給に万全を期すと表明。食料品は十分な供給量があり、米や小麦の備蓄も十分な量が確保されていると強調している。

また宣言発令地域でも量販店やコンビニは営業を継続するため「買いだめた買い急ぎをせず、落ち着いた購買行動を」と呼びかけている。

一方、農業、食品関連産業の関係者には食料の安定供給という極めて重要な責務を担っているとして謝意を示すとともに、感染拡大防止に向けた業種別ガイドラインを遵守するよう求めている。国民に向けては感染が一刻も早く収束できる「3密」や感染リスクが高まる5つの場面の回避など、「基本的な感染症対策の徹底」を呼びかけた。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る