Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

佐賀市東与賀町「シギの恩返し米プロジェクト」が九州農政局長賞受賞2021年3月4日

一覧へ

佐賀県佐賀市東与賀町で取り組んでいる「シギの恩返し米プロジェクト」が、農林水産省の「令和2年度 未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の有機農業・環境保全型農業部門で九州農政局長賞を受賞した。

シギの恩返し米 商品パッケージシギの恩返し米 商品パッケージ

東与賀町では、約300ヘクタールの農地で栽培されている減農薬減肥料の米・特別栽培米「夢しずく」を、ラムサール条約登録湿地にふさわしいブランド米として付加価値を高めていくため「シギの恩返し米」と名付け、同町内の農家とまちづくり協議会・農協・大学・県・市・企業等が連携。環境保全型・循環型農業の実証実験や共同研究等に取り組んでいる。

農水省は、農業生産活動の持続性を確保するため、農業の自然循環機能を生かし、農業生産に由来する環境への負荷を低減する取り組みとして、有機農業など環境保全型農業を推進しながら、食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理など持続可能性を確保する一連の取り組み「GAP」を推進。「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」は、その一環として、持続可能な農業の確立をめざし、意欲的に経営や技術の改善等に取り組んでいる農業者などを有機農業・環境保全型農業部門とGAP部門に分けて表彰している。

冬水たんぼに飛来するシギ冬水たんぼに飛来するシギ

今回の受賞で「シギの恩返し米プロジェクト」は、東与賀町内のほ場で二毛作の麦を作らず、シギなど野鳥の餌場・休憩場をつくるために水張りをする「冬水たんぼ」や、クリークに生息する多様な水生生物の保全のため「水田魚道」を設置するなどの生物多様性保全の取り組みが評価された。
授賞式は3月11日、同町の東よか干潟ビジターセンターで13時30分から行われる。

【シギの恩返し米プロジェクト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る