Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

都内で初めてブルーベリー類うどんこ病(仮称)を確認 東京都2021年4月5日

一覧へ

東京都病害虫防除所は、都内各地の露地と一部の施設栽培のブルーベリーほ場で、ブルーベリーにおけるうどんこ病(仮称)の発生を初めて確認し、3月26日に特殊報第2号を発令した。

赤褐色斑上の薄い白色粉状の菌叢と葉の湾曲赤褐色斑上の薄い白色粉状の菌叢と葉の湾曲

5月下旬~9月にかけて、ブルーベリーの葉の表や裏面に赤褐色の斑点が多数生じ、斑点上やその周囲に白色菌糸を形成する症状を確認した。

7月から法政大学植物医科学センターに罹病葉を送付し、原因菌の確認を依頼した結果、Erysiphe elevata と同定された。この菌によるブルーベリー類への病害は国内外で報告されていないため、3月の日本植物病理学会においてブルーベリー類うどんこ病(仮称)として提案された。なお、令和2年に長崎県で特殊報が発表されている。

病徴として、葉の表面は退緑または赤褐色斑、裏面には赤~茶褐色斑を多数生じ、表または裏面に薄い白色粉状の菌叢を形成する。閉子のう殻は確認されていない。一部の葉では、湾曲などの奇形症状が見られるが、枝や果実での発病は現段階では確認されていない。

現在、ラビットアイ系のウイトウ、ウッタード、オンスロー、コロンブス、ティフブルー、フェスティバル、ブライトウェル、ホームベルの品種で発生が確認されている。

防除対策では、現在のところブルーベリーでこの病に適用のある薬剤はないため、発病株の罹病葉と剪定枝などは、ほ場外へ持ち出し埋却するなどの適正な処分を行うよう呼びかけている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る