Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

りんご黒星病の発病葉を初確認 山形県2021年5月12日

一覧へ

山形県病害虫防除所は、りんご黒星病の発病葉を初確認し、5月6日に病害虫発生速報第6号で発表した。

花そう葉での発生(葉裏)花そう葉での発生(葉裏)

5月3日に実施した特別巡回調査の結果、一部の園で花そう葉でりんご黒星病発生を確認した。初確認は前年(4月24日)より遅いが、平年(5月15日)との比較では、2週間程度早い発生となっている。

同防除所によると、今回の葉での発生は、感染好適条件であった4月17日~18日に感染したものが発病したと考えられるとしている。今後、気温の上昇や降雨の影響で、発病葉から新梢葉、幼果への二次感染が懸念されることから、早期の発見と防除徹底を呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

○園内をこまめに観察し、発病葉は見つけ次第摘み取り適切に処分する。

○落花直後(中心花の80%が落花したとき)の薬剤散布を徹底する。落花期以降も感染防止のため、散布間隔が10日以上経過しないよう注意する。

○薬剤散布予定日に降雨が予想される場合は、計画を前倒し降雨前に散布する。

○薬剤散布の際は、十分な薬液量(落花期以降は500L以上/10a)で行い、散布ムラが生じないように丁寧に散布作業を行う。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る