Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

ぶどうべと病の防除徹底を 大阪府2021年5月25日

一覧へ

大阪府環境農林水産部農政室は5月21日、ぶどうべと病の発生が例年に比べ2~3週間早いことから、病害虫防除情報を発表した。

ぶどう葉裏の白いカビぶどう葉裏の白いカビ

今年の近畿地方の梅雨入りは、平年に比べ大幅に早く、南河内地域ではすでにべと病の発生が確認されている。

向こう1ヵ月の降水量は、多い確率50%と予想されており、特に露地栽培でのべと病発生に注意を促している。

べと病は、降雨の多い時期に露地栽培で発生しやすく、一度発生すると急速に被害拡大することが多いため、ほ場の見回りをこまめに行い、発生初期に防除するよう呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

〇施設栽培でも雨のかかりやすい場所では発生しやすいため、注意する必要がある。

〇発生ほ場では、使用時期に注意し薬剤防除を行う。

〇発病した葉や果房などは除去し、ほ場外に持ち出すなどして処分する。

〇QoI(FRAC:11)の耐性菌が生じているほ場では使用しない。その他のほ場でも、1作1回程度の使用に努める。

〇発生園地では、収穫後にも防除を行う。

収穫前の代表的な防除薬剤

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る