Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アジアモンスーンの特質を強調-プレサミットで野上農相2021年7月28日

一覧へ

野上浩太郎農相は7月26日からローマのFAO(国連食糧農業機関)本部で開催されている国連の食料システムサミット・プレサミットに出席し、27日に本会議で閣僚声明を発表した。

サミット出席の野上農相サミット出席の野上農相
写真提供:農林水産省

国連食料システムサミット(FSS:Food Systems Summit)は9月にニューヨークで開催される予定となっており、今回はそれに先立つ会合。このサミットは農業生産から食料の供給、消費までを食料システムの視点で捉えて、その持続性確保を世界的な共通の課題として議論する初めての国際会議となる。

プレサミットで野上農相は5月にみどりの食料システム戦略を策定し、イノベーションで食料システムの諸課題を解決することをめざし、2050年までの農林水産業のCO2ゼロエミッション化や、有機農業の拡大、農薬の低減などを目標としていることを表明した。

目標達成にはイノベーションが重要であるほか、バランスのとれた食生活と食文化も重要性も指摘した。

同時に万能の解決策はなく、アジアモンスーン地域の気候は高温多湿であることからCO2削減など課題解決には、「アジア地域に適した解決策が必要だ」と述べたほか、各国、各界との対話と協調の経験に基づいて持続可能な食料システムの未来に貢献すると表明した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る