JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

県内初のトマト立枯病を確認 三重県2021年8月5日

一覧へ

三重県病害虫防除所は8月4日、県内で初めてトマト立枯病を確認したことを受け、病害虫発生予察特殊報第1号を発令した。

茎の基部の病徴(写真提供:三重県病害虫防除所)茎の基部の病徴(写真提供:三重県病害虫防除所)

昨年11月に三重県北勢地域のトマト養液栽培ほ場で、トマトの茎の基部が褐変腐敗する症状がみられた。三重県農業研究所で病徴部から菌を分離し、遺伝子解析したところ、同県では未確認のFusarium solani-melongenae(Haematonectria ipomoeae)が検出され、トマト立枯病と判明した。

この病は平成2年に愛知県で初めて発生が確認されて以降、平成11年に宮崎県、今年3月に広島県で報告されている。

病原菌は糸状菌の一種で、子のう菌類に分類される。この病は茎の基部に褐変やひび割れ症状がみられ、発病部位の内部にも進行する。罹病部表面には、赤い小粒(子のう殻)が多数形成される。これらの病徴は10月頃からみられるが、その後気温の低下に伴い一時的に停滞し、気温が上昇する4月頃に再び進展する。発病株は、樹勢低下や果実肥大が抑制され、発病が進行すると立枯れ症状となる。

〈防除対策〉
○この病に対する登録農薬はないため、耕種的防除で対応する。
○発病株は伝染源となるため、ほ場外に持ち出し適切に処分する。
○栽培終了後は植物残渣などを除去し、施設内の衛生管理に努める。
○土耕栽培では、定植前の太陽熱利用による土壌消毒の時間を十分に確保する。
○養液栽培では、生産資材の交換や消毒を行う。
○施設出入りの際は、靴の履き替えや靴底の消毒などを行い、施設内の衛生管理に努める。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る