Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

耕地利用率91.3% 作付け延べ面積400万haを切る-令和2年2021年9月9日

一覧へ

農林水産省は9月7日、2020(令和2)年の作付け延べ面積と耕地利用率を公表した。減少していた延べ作付け面積は今回始めて400万haを下回った。

耕地利用率91.3% 作付け延べ面積400万haを切る-令和2年

田畑計の作付け延べ面積は399万1000haだった。野菜、飼料作物などの作付面積が減少したことから、前年にくらべ2万8000ha(1%)減少した。

田畑計の耕地利用率は91.3%で前年にくらべ0.1ポイント低下した。

田についてみると作付け延べ面積は220万9000haで前年並みとなった。耕地利用率は92.9%で前年にくらべ0.1ポイント増加した。麦類とそばの作付けが前年より2%増加したことなどが要因。

一方、畑は作付け延べ面積は178万2000haで前年にくらべ1万7000ha(1%)減少した。耕地利用率は89.4%で前年にくらべ0.4ポイント低下した。そばの作付けが増えたものの、野菜、飼料作物の作付けが減った。

食料・農業・農村基本計画では2030(令和12)年に414万haの農地を維持し延べ作付け面積を431万haとすることを目標にしている。耕地利用率を104%まで高める目標を掲げている。しかし、耕地利用率は10年前(平成23年)の91.9%から毎年低下し91.3%に下がり、延べ作付け面積は400万haを下回った。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る