Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

需給、価格の情報 生産現場へ迅速に-米の現物市場の目的 JA全中2021年10月8日

一覧へ

農林水産省の米の現物市場検討会の委員の馬場利彦JA全中専務は10月7日の定例会見で現物市場を開設することで生産現場への迅速な情報提供につながると指摘した。

馬場専務は「現物市場で価格市況を形成するのが趣旨。それによって生産者に需給、価格の状況が的確に、かつ迅速に伝わっていくなかで、需要に応じた生産をさらに進めていけるのではないかと検討に臨んでいる」と述べた。

現在は月に一回、相対取引価格が公表されているが「より迅速な情報提供が必要だ」との考えを示した。

また、メリット、デメリットについては「これから議論されていく」とし、市場が機能するためには「多くの関係者が参画することがいちばんのキーだと思っている」と話した。

JAグループからはJA全農の高尾雅之常務も検討会の委員になっている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る