人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「種子島安納いも」「豊橋なんぶとうがん」がGIを取得 農水省2022年3月3日

一覧へ

農林水産省は3月2日、鹿児島県市の「種子島安納いも」と愛知県の「豊橋なんぶとうがん」が、新たにGI(地理的表示)登録を取得したことを発表。合計で116品目となった。

種子島安納いも種子島安納いも

地理的表示(GI)保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護するもの。

今回、GI登録された「種子島安納いも」は、加熱した時のねっとりとした食感と蜜がでるほどの甘さが特徴で、他の一般的な青果用さつまいもと比べ糖度が高く澱粉含有量が低い。ねっとり系焼き芋人気の火付け役として需要が高く、他の一般的な青果用さつまいもと比較して2~5割程度高値で取引されている。種子島は、1698年に当時の日本で最初にさつまいもの栽培が定着した地で、「種子島安納いも」は、昭和22年頃から西之表市安納地区で栽培したのが始まり。ほとんど霜の降りない温暖な気候で、貯蔵時に低温障害が発生しやすいさつまいもの生育や貯蔵に適した自然条件を備えている。

「豊橋なんぶとうがん」は、温暖な気候と豊川用水による豊かな水を活かして栽培されている。生育状況に合わせた目揃会を年数回開き、栽培技術の平準化を図るとともに、厳しい出荷規格を徹底している。収穫後一時保管し、着色ムラが少なく、光沢のある鮮やかな外観を有する冬瓜を長期出荷。全国2位の生産量である愛知県の中で約6割を占め、傷が少なく、カット販売時にロスが少ない点も高く評価され、他産地と比べ1~3割程度高値で取引されている。

豊橋なんぶとうがん豊橋なんぶとうがん

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る