石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

インド向けりんご生果実輸出解禁 22年産収穫以降 農水省2022年3月23日

一覧へ

農林水産省はインドの植物検疫当局との間でこのほど日本産りんご生果実の輸出検疫条件に合意し、輸出が解禁されたと発表した。

インドは同国への侵入を警戒している病害虫(モモシンクイガとナシヒメシンクイ)がわが国で発生していることを理由にこれまで輸入を禁止してきたが、農水省は産地からの要望をふまえてインド当局と技術的協議を重ねてきた。

その結果、植物検疫条件に合意し、2022年産の収穫シーズン以降に条件を満たす日本産りんごの輸出ができることになった。
おもな検疫条件は▽登録生産園地での栽培、▽登録選果こん包施設での選果・こん包、▽消毒処理(登録処理施設での低温処理、または臭化メチルくん蒸)、▽インド側検査官による査察(原則年1回)、▽輸出検査の実施(日本の植物検疫官による病害虫の付着がないことの確認と植物検疫証明書の発給)。

2021年のりんごの輸出額は162億円で前年より50%増加した。輸出先は台湾、香港、タイのほか、ベトナム、シンガポール、インドネシアなど。国は2025年の輸出目標額を177億円としている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る