2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

工藤阿須加が語る農業を通じて感じること「野菜の日」シンポジウム開催 農水省2022年8月3日

一覧へ

農林水産省は8月31日、野菜「8(ヤ)3(サ)1(イ)」の日 にちなみ、若い世代の野菜摂取量を増やすために「野菜の日(8月31日)」Webシンポジウムを開催する。

ビタミン、ミネラル、食物繊維等が豊富に含まれた野菜は重要な食べ物だが、成人1人1日当たりの野菜の摂取量は平均280グラム程度で、約7割の人が目標とされる350グラムに達していない。特に20~40歳代で野菜不足が目立つ。そこで、8月31日の「野菜の日」に、最新データに基づいた野菜の重要性について伝える基調講演とともに、若い世代の摂取量を増やすための方策等について議論し、理解を深めるためのシンポジウムを開催する。

プログラムでは、国立健康・栄養研究所 栄養疫学・食育研究部長の瀧本秀美氏による基調講演「日本人の野菜摂取量の現状と課題」のほか、俳優の工藤阿須加氏と農水省農産局園芸作物課の今野聡課長による対談「工藤阿須加が語る 農業を通じて感じること」を実施。また、「若い世代の野菜摂取量を増やすために」をテーマにパネルディスカッションを行う。

参加は、インターネットで以下の申込先に、氏名(ふりがな)、勤務先・所属団体名、連絡先(メールアドレスおよび電話番号)等を明記の上、申し込む。申込締切は8月29日17時00分。

【参加申し込み】

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る