人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

高知県のIoPクラウド「SAWACHI」利用農家数が1000戸を突破2023年8月3日

一覧へ

高知県は、2022年9月21日に本格稼働を始めた農業データ連携基盤IoPクラウド「SAWACHI」について、高知県内のユーザー数が1000戸を突破したことを発表。この節目を祝し、高知県庁でセレモニーが開かれ、濵田省司知事から農家に登録証が授与された。

「SAWACHI」の利用農家数1000戸を突破を記念してセレモニーを開催「SAWACHI」の利用農家数1000戸を突破を記念してセレモニーを開催

セレモニーには、1000戸目のユーザーを含む同じ地域の農家(イチゴ農家4人、トマト農家2人)と、担当の県普及員とJA指導員が出席。農家の代表者は「イチゴ栽培においてはハウスの温度管理が最も重要だが、SAWACHIを使えばスマートフォンでリアルタイムにデータを確認できる。データの活用を通じて、高知の農業をさらに発展させていきたい」とコメントした。

高知県は、「SAWACHI」の効果を農家に実感してもらうことで、「もっと楽しく、もっと楽に、もっと儲かる」農業が実現できると考えている。今後も多くの農家の「SAWACHI」の活用により、データに基づいて生産性を高めるデータ駆動型農業を広く普及していく。

「SAWACHI」のトップ画面「SAWACHI」のトップ画面

「SAWACHI」の利用により、スマートフォンやパソコンからログインすると、いつでもどこからでも、測定している温度などの圃場環境データを簡単に確認できる。測定する機器は、「SAWACHI」との連携設定ができればメーカーや機種によらず対象となる。また、出荷量や気象など、営農に関連する他の様々な情報も一緒に確認できる。

IoPクラウドを核としたデータの集約と産学官連携による生産者へのフィードバックIoPクラウドを核としたデータの集約と産学官連携による生産者へのフィードバック

IoPプロジェクトは、産学官連携での生産者支援の取り組みで、これらのデータは生産者本人だけでなく、県の普及員やJAの指導員も営農支援に活用。また、研究や製品開発にも活用し、より良い機器やサービスの創出を通じた生産者へのフィードバックにもつなげている。

「SAWACHI」の利用対象は、高知県で営農する生産者。利用申し込みにより、IDとパスワードが発行され、気象、市況、ニュース等を閲覧できるようになる。出荷量データは、県とJAに提供同意書を提出することで閲覧可能となる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る