Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

薗浦健太郎 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月15日

一覧へ

薗浦健太郎 衆議院議員薗浦健太郎 衆議院議員

○薗浦健太郎
○自由民主党
○衆議院議員
○選挙区:千葉県5区
○出身地:香川県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
国産ワクチンの開発やワクチンの早期承認、確保、接種などのそれぞれの場面で様々な課題があったと考えており、一連の対応を検証する必要があります。
特にデジタル化によって各種の手続きを迅速化したり、データを取りまとめることは急務です。
ワクチンも大切ですが、治療薬も大切です。両輪で感染症を抑え込む必要があり、治療薬の承認は急務です。
新型コロナウィルス感染症が発生して以来、国民の命・健康と、暮らしの両方を守るという観点から、この問題に取り組んでいます。引き続き医療体制の確保を図りつつ、ワクチン接種の迅速化に努め、安全・安心な社会をとり戻せるよう努力してまいります。

【2】今後のコロナ対策についての提案
自宅療養者への対策や、酸素の確保、空きベッドの確保を進めて参ります。野戦病院を作ることや、投薬後の経過観察期間を工夫するなどし、必要な方が入院できるようにすることも必要です。そして、ワクチン接種後の先に、社会を開いていく事が必要です。
トンネルの先に光が見えなければならない。飲食やコンサート、旅行など、こうすればできる、行けるというガイドラインを早急に作らなければなりません。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
国民の皆様に政治のメッセージが届くような情報発信の仕方や説明を尽くしていかなければなりません。足の引っ張り合いではなく、みんなで乗り越えることが必要です。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る