人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

片山大介 日本維新の会 参議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月31日

一覧へ

片山大介 参議院議員片山大介 参議院議員

○片山大介
○日本維新の会
○参議院議員
○選挙区:兵庫県
○出身地:岡山県

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

デルタ株までの政府の対応は、諸外国と比べて人口あたりの死亡者数が少ないことから評価できる。
吉村大阪府知事は、オミクロン株侵入前に、ワクチン接種2回目と3回目の間隔の短縮を要望してきたが受け入れられず、結局オミクロン株が侵入してから医療関係者と高齢者施設など、ごく一部の短縮が認められた。遅すぎて評価出来ない。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

基本的な対処方針は、デルタ株の時から大きな変更はなく、感染力が強く、重症化率が比較的低いオミクロン株に適した対応として見直していないことも問題である。飲食店の犠牲を伴う基本的対処方針から、社会全体が感染対策を行うよう、方向転換すべきである。
また、デルタ株までは2類相当でよいが、オミクロン株では感染力が高すぎるので保健所が必ず介入する仕組みは見直すべきである。5類への見直しも、長所と短所を勘案して検討を始めるべきである。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

日本は先進諸国と比較して、政府・行政組織のデジタル化が遅れていることが明らかになった。デジタル庁が発足したが、完全な周回遅れである。現政権には組織を作るだけでなく、人材育成にも積極的に取り組んでいただきたい。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る