人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

伊藤達也 自由民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

伊藤達也1.jpg伊藤達也 衆議院議員

〇伊藤達也
〇自由民主党
〇衆議院議員
〇選挙区:東京第二十二選挙区
〇出身地:東京都調布市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見
非常時における政府行動計画を策定していたのにもかかわらず、これを生かすことができなかった。国と地方の役割分担の明確化なども十分でなく、政府のガバナンスが混乱していた。
非常時において、地域全体が一つの病院として機能することができるよう、さらなる取り組みが必要と考える。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。
非常時における医療提供体制の確立と、国産ワクチン、経口治療薬の生産、普及の後押しを強力に取り組む。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。
給付金すら的確に届けることのできないデジタル化の遅れをはじめ構造的問題を克服し、アフターコロナの社会を描き、ウェルビーイングと持続可能な日本社会の構築に取り組むこと。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る