第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

宮本岳志 日本共産党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

宮本1.jpg宮本岳志 衆議院議員

〇宮本岳志
〇日本共産党
〇衆議院議員
〇選挙区:比例近畿ブロック
〇出身地:大阪府岸和田市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)3回目接種についての何の科学的な根拠もなく8か月とした政府方針見直しの遅れが高齢者3回目接種の遅れや感染拡大を引き起こしました。
・今後の課題...ワクチンの供給に努め、自治体を支援し、政府として最大限迅速接種を行う責任を果たすこと。
(2)今後の課題...地域の医療体制強化のため、打ち切られてしまった発熱外来への補助金や診療報酬加算など医療機関への支援を抜本的に強化すること。保健所の恒常的な人員増に向けた施策をおこなうことや地域医療全体の財政的支援を拡充すること。
(3)国民生活や経済活動の規制の補償...自粛と補償は一体の立場で、安心して自粛に協力できる体制が不可欠。
(4)検査体制の拡充について...重症化リスクの高い高齢者施設や保健所等に検査能力を重点的に充てるとともに、検査能力の抜本的拡充を急ぐこと。医療機関、高齢者入所・通所施設、学校、保健所等での定期頻回検査を国が全額費用負担すること。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

ワクチン・検査が遅れている現状を打開することに全力を挙げるとともに、内外の科学的知見と現場で起こっている問題に学び、方針を決めることが肝要です。合わせて、小学校休業等対応助成金の申請の簡略化・給付の迅速化や、事業者支援を抜本的強化など事業と暮らしにしっかりとした支援を行うべきです。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

政権は、コロナ禍の中にあって、医療機関の病床削減や統廃合を進めこと、75歳以上の医療費窓口負担2倍化などを行おうとしています。こうした社会保障の連続削減が「新自由主義の弊害」として悲惨な現状をもたらしたという反省に立ち、医療・公衆衛生など公的責任を果たすといった抜本的転換が必要です。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る