秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:今こそ 食料自給「国消 国産」 いかそう 人と大地

【今こそ食料自給 「国消国産」 いかそう 人と大地】食と農への理解醸成のカギは 特集ページ開設2022年10月1日

一覧へ

今こそ食料自給・国消国産

特集ページ:今こそ 食料自給 「国消 国産」 いかそう 人と大地

世界的に異常気象が恒常化して食料需給が逼迫する中、ウクライナ紛争が追い打ちをかけ、国連世界食糧計画(WFP)は「第2次世界大戦以降で最悪の食料危機」と警告しています。農業者人口が減少の一途をたどり、食料自給率が先進国最低水準の38%しかない日本にとって、輸入依存からの脱却はまさに喫緊の課題といえます。

こうした中、JA全中は、国民が必要とし、消費する食料を自国で生産する「国消国産」の推進に向けて、10月を「国消国産月間」として全国運動を展開します。ウクライナ紛争などで肥料などの生産資材が高騰し、生産者が厳しい経営を強いられる中、農業・農村の維持・存続に向けて農産物への価格転嫁などが求められますが、そこで欠かせないのが、消費者の農業や食への理解の醸成です。

こうした状況を踏まえて、JAcomでは、「今こそ 食料自給 『国消 国産』 いかそう 人と大地】をテーマに特集を立ち上げました。農政の舵取り役を担う農林水産大臣を招いての座談会や全国連トップへのインタビュー、課題に向き合う産地の取り組み、さらに幅広い分野の識者や各地のJAトップの提言などを通して、この問題を皆さまとともに考えたいと思います。

この特集が、わが国の食料自給率の向上や国消国産の機運の醸成の一助になればと願っています。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る