秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農政:今こそ 食料自給「国消 国産」 いかそう 人と大地

【食と農への思い 校長先生100人に聞きました】三重県 菰野町立千種小学校2022年11月4日

一覧へ

【食と農への思いと農業者へのメッセージ】
菰野町立千種小学校 市川甲辰校長

<Q>学校では農業と地域の農産物の大切さをどう教えていますか? その特徴や狙いなどもお願いします。

校区の多くが市街化調整区域に当たります。「祖父が田をやっています」という児童が2割程度。「田に入って手伝ったことがあります」という児童は数名いるかいないかという現状です。
地域性を生かし、美土里の郷の方々に全面的にお世話になり、稲作や大豆栽培を総合的な学習の時間のカリキュラムに組み込み、社会科や理科などの教科や食育とも関連付け、一次生産者の思いや願いに触れ、収穫のうれしさ、自然とのかかわりなどを体験的に学ぶ場としています。

<Q>これからの日本の農業についてご意見があればお聞かせください。

食物自給率について、5年生で学習します。しかし、地域に目を向けますと、従事者の高齢化、若者離れ、雑草に覆われた休耕田の増加、業務委託、大規模委託を受けての集約的営農の現状など、農業を取り巻く将来像に先の見えにくさを感じています。

<Q>現場の農業者へのメッセージをお願いします。

わたしの2代前は専業農家でした。地域のほとんどの家がそうでした。私も子どものころは「どれだけ田んぼを作ったら、食べていけるの?」と、継ぐ気でいたのですが、今は田も埋め立てられ、家庭菜園程度となっています。
わたしにできること、わたしたちにできること。ほんの小さなことでもと考えると、地産地消を心掛けるとか、先祖から受け継いだ農地を荒らさない、引退後は土いじりを趣味としようかなど、今、私にできることとして考えつくところです。
持続可能な社会の根幹を支えている皆さんのおかげで、日々を送れているといっても過言ではありません。感謝です。

農業の大切さ どう伝える

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る