農薬 ニュース詳細

2013.02.07 
ジェネリック品との競争激化で減収  SDS一覧へ

 エス・ディー・エス バイオテック(SDS)は2月1日、平成24年12月期の決算短信を発表した。海外でのジェネリック品との価格競合などの影響で売り上げは落ちたが、原価・経費などの圧縮施策が奏功し、利益面は前年を上回った。

 売上高は前期に比べて8億1800万円(7.3%)減の103億6200万円、営業利益は同8500万円(10.1%)増の9億3200万円、経常利益は同1億2600万円(17.1%)増の8億6800万円、当期純利益は同5100万円(10.7%)増の5億3100万円だった。1株あたりの当期純利益は同6.54円増えて67.99円だった。
 地域別では北米での売上が同5億円(43%)減の6億5700万円と大きく減った。国内の売上は同1.7%減の66億円だった。
 品目別売上高では、殺菌剤、水稲除草剤、殺虫剤が前年を下回ったが、緑化関連剤は新製品の投入などで前年を上回った。
 殺菌剤は同6億3000万円(13.6%)減の40億1000万円。主力の「ダコニール」でジェネリック品との競争激化などがあった。
 水稲除草剤は同4600万円(1.2%)減の39億5700万円。国内でベンゾビシクロンの出荷が伸びたが、ダイムロン、カフェンストロールの出荷は減少した。
 殺虫剤は同2100万円(3.6%)減の5億7300万円。センチュウ剤の出荷が伸びなかった。
 次期の業績は売上高105億4000万円、営業利益8億4000万円、経常利益7億6000万円、当期純利益4億8000万円の見通し。売上高は伸ばすものの、ベンゾビシクロンの海外展開に向けた開発費用の増加などで利益面は今期を下回る見込みだ。


(関連記事)

【農薬登録情報】 2月1日付 日産・メタゾスルフロン、大塚・フルチアニルが登録取得 (2013.02.05)

インドの農業資材メーカーを子会社化 SDS (2012.12.11)

水稲用除草剤「ベンゾビシクロン」の海外展開強化  SDS (2012.08.16)

ダコニール、ベンゾビシクロン軸に 世界の食料供給に貢献  SDS・安田社長 (2012.02.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ