農薬 ニュース詳細

2013.05.16 
ノウハウ技術料のび、大幅な増益 日本農薬一覧へ

 日本農薬は5月15日、平成25年9月期第2四半期決算を発表した。

 第2四半期までの累計売上高は、国内海外ともに販売好調だったため、前年同期に比べて34億7600万円(14.2%)増の280億2800万円となった。
 増収に加え、園芸用殺虫剤「フェニックス」のロイヤリティー収入などノウハウ技術料が大きく伸長したため、営業利益が同26億7200万円(78.1%)増の60億9300万円、経常利益が同25億2900万円(75.4%)増の58億8300万円、四半期純利益が19億2600万円(97%)増の39億1200万円と、大幅な増益を達成した。
 主力の農薬事業は、売上高が同16.6%増の258億700万円、営業利益が同81.4%増の57億2200万円だった。
 国内では主力製品の拡販のほか、水稲用除草剤「ライジンパワー(フロアブル、1キロ粒剤」、水稲用殺菌剤「フジワンパック」、水稲用除草剤「ムソウ(豆つぶ250、ジャンボ)」の新製品5剤の販売開始などが奏功し、前年同期を上回る売上高となった。
 海外では米州、欧州での販売が好調で、特に米州で殺ダニ剤「ダニトロン」、園芸用殺虫剤「アプロード」の販売が伸びた。
 農薬以外の事業では、シロアリ剤の売り上げが伸びたほか、医薬品では医療用外用坑真菌剤「ラノコナゾール」、「ルリコナゾール」の売り上げが好調だった。
 今回の発表をうけての、通期業績予想の修正はない。


(関連記事)

国内外で販売好調 業績予想を修正 日本農薬(2013.04.17)

【農薬登録情報】 2月27日付で4剤が登録取得(2013.03.04)

【事務所移転】 2月4日に本社を移転 日本農薬(2013.01.18)

世界で戦える企業をめざして 日本農薬株式会社・神山洋一代表取締役社長(2012.12.19)

【人事速報・機構改革】 日本農薬 (12月21日付)(2012.12.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ