農薬 ニュース詳細

2014.09.05 
アグロ カネショウ 東証1部上場へ一覧へ

 現在、東証2部上場のアグロ カネショウは9月19日、東証1部銘柄に指定されることが決まった。8月29日発表された。

 東証1部指定に伴い、公募によって自己株式を一部処分することも決まった。公募株式数は52万5000株で、このほか上限7万5000株のオーバーアロットメント()による売り出しも行う。
 今回の株式処分で調達される金額は約4億4400万円と見込んでおり、これらは全額、26年12月期から27年12月期の殺虫剤、殺菌剤、土壌消毒剤、除草剤などの農薬の研究開発にかかる委託試験費に充てる。
 自己株処分の処分価格は9月8日から10日のいずれかの日に決まる。

【※オーバーアロットメント】
 企業が株式の公募・売出しを行う際、予定数量を超える需要があった場合に、主幹事証券会社が株主などから一時的に株券を借りて、公募・売出しと同じ条件で追加的に販売する仕組み。本来の公募・売出し数量に満たない場合には行われない。


(関連記事)

消費増税で売上高減 アグロ カネショウ(2014.08.25)

結城に土壌分析室を完成 アグロ カネショウ(2014.02.04)

業績予想を上方修正 アグロ カネショウ(2014.01.15)

果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」を発売 三井化学(2013.03.04)

新剤開発、海外展開を加速  アグロ カネショウが決算(2013.02.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ