農薬 ニュース詳細

2013.03.04 
果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」を発売 三井化学一覧へ

 三井化学アグロは3月4日、果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」を新発売した。

果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」 「フルーツセイバー」の有効成分はペンチオピラド。ペンチオピラドを使った農薬としては野菜、花き農家を中心に広く利用されている「アフェット フロアブル」があるが、これを果樹生産者にも使いやすい形に開発しなおしたのが「フルーツセイバー」だ。
 特長は幅広い病害防除スペクトラムだ。担子菌、子のう菌、不完全菌などの病原菌に対して高い活性がある。適用は、リンゴの黒星病、赤星病、うどんこ病、斑点落ち葉病、モニリア病、すす点病、すす斑病、黒点病、褐斑病。ナシの黒星病、赤星病、うどんこ病。ブドウの灰色かび病、黒とう病。モモの灰星病。黄桃の灰星病、幼化菌核病、炭疽病で、既存の薬剤に耐性をもつ病害にも有効だ。
 また、優れた胞子発芽阻害効果があるため予防効果も高く、病害の2次感染を防ぐことができる。
 安全性が高いため収穫前日まで使用することができ、フロアブル製剤なので作物の汚れが少ないなども大きな特長だ。
 1本334mlで、20本で1箱。三井化学アグロ「フルーツセイバー」のほか、アグロ カネショウ「兼商フルーツセイバー」、北興化学工業「ホクコーフルーツセイバー」の3社が登録を取得した。
 三井化学アグロでは販売数量目標を上市5年後に60キロリットルとしている。


(関連記事)
有機JASが改正  肥料2剤・農薬6剤が新たに適合資材に (2012.04.28)

ノビエ・コナギに高い効果 「キクンジャーZ 1キロ粒剤」  三井化学アグロ (2012.03.29)

ブラジルの農薬製造販売会社に3社が出資 (2011.10.11)

タイのソータス社と業務提携  三井化学アグロ (2011.05.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ