左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」を発売 三井化学2013年3月4日

一覧へ

 三井化学アグロは3月4日、果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」を新発売した。

果樹用殺菌剤「フルーツセイバー」 「フルーツセイバー」の有効成分はペンチオピラド。ペンチオピラドを使った農薬としては野菜、花き農家を中心に広く利用されている「アフェット フロアブル」があるが、これを果樹生産者にも使いやすい形に開発しなおしたのが「フルーツセイバー」だ。
 特長は幅広い病害防除スペクトラムだ。担子菌、子のう菌、不完全菌などの病原菌に対して高い活性がある。適用は、リンゴの黒星病、赤星病、うどんこ病、斑点落ち葉病、モニリア病、すす点病、すす斑病、黒点病、褐斑病。ナシの黒星病、赤星病、うどんこ病。ブドウの灰色かび病、黒とう病。モモの灰星病。黄桃の灰星病、幼化菌核病、炭疽病で、既存の薬剤に耐性をもつ病害にも有効だ。
 また、優れた胞子発芽阻害効果があるため予防効果も高く、病害の2次感染を防ぐことができる。
 安全性が高いため収穫前日まで使用することができ、フロアブル製剤なので作物の汚れが少ないなども大きな特長だ。
 1本334mlで、20本で1箱。三井化学アグロ「フルーツセイバー」のほか、アグロ カネショウ「兼商フルーツセイバー」、北興化学工業「ホクコーフルーツセイバー」の3社が登録を取得した。
 三井化学アグロでは販売数量目標を上市5年後に60キロリットルとしている。


(関連記事)
有機JASが改正  肥料2剤・農薬6剤が新たに適合資材に (2012.04.28)

ノビエ・コナギに高い効果 「キクンジャーZ 1キロ粒剤」  三井化学アグロ (2012.03.29)

ブラジルの農薬製造販売会社に3社が出資 (2011.10.11)

タイのソータス社と業務提携  三井化学アグロ (2011.05.31)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る