左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

自社開発剤拡販で増収増益 クミアイ化学2014年12月19日

一覧へ

 クミアイ化学工業は12月18日、平成26年10月期決算を公表した。自社開発農薬の販売が国内外ともにのび、増収増益となった。

 売上高は前期比60億7700万円(12.3%)増の553億6000万円だった。売上高の増加に伴い利益面も増えた。営業利益が同5億2500万円(24.9%)増の26億2900万円、経常利益が同9億1900万円(27.3%)増の42億9000万円、当期純利益が同6億6700万円(28.0%)増の30億5100万円だった。
 売上高の9割以上を占める主力の化学品事業の売上高は同59億7200万円(13.2%)増の512億2200万円だった。
 国内販売では水稲用除草剤ピリミスルファン(商品名「ベストパートナー」「マイウェイ」「ヤイバ」など)、水稲用箱処理剤イソチアニル(同「ツインターボ」など)、今年から販売を開始した水稲用殺菌剤「コラトップ」などが伸長した。また、園芸分野では殺虫剤「スプラサイド」、殺菌剤「ファンタジスタ」、非農耕地分野では芝用除草剤「ソリスト」、「スパーダ」などが好調だった。
 海外販売では、畑作用除草剤ピロキサスルホンと綿用除草剤「ステイプル」が米国で、直播水稲用除草剤「ノミニー」がインドで、それぞれ販売好調だった上、円安の影響により販売高は大きく伸びた。
 次期は水稲用除草剤フェノキサスルホン、水稲用殺菌剤「トライ」、園芸用殺虫剤サイアジピルなど、新規剤の普及、拡販に力を入れる。業績は売上高610億円、営業利益34億円、経常利益49億円、冬季純利益34億円と、増収増益を見込んでいる。


(関連記事)

農薬原体の需要増で増収増益 イハラケミカル(2014.12.16)

イハラケミカル 創立50周年で記念配当(2014.09.10)

新規芝用除草剤「ソリスト」 今秋に発売(2014.07.14)

【半期決算】園芸用農薬伸びる クミアイ化学(2014.06.13)

【シリーズ・誕生物語】第9回豆つぶ剤(クミアイ化学工業(株))(2014.04.17)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る