左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬卸3社が統合 全国規模の共同持株会社に2015年1月6日

一覧へ

 地方に本社を置く農業生産資材卸3社が経営統合し、全国規模の共同持株会社を設立する。

 統合するのはアグネスホールディングス(埼玉県熊谷市)、石黒製薬所(愛知県田原市)、グリーンテック(熊本市)の3社。12月18日に統合覚書を締結した。
 アグネスホールディングスは、傘下に岩渕農薬(千葉県佐倉市)、栗原弁天堂(埼玉県熊谷市)を、石黒製薬所は傘下に山形日紅(山形市)、ひまわり(山形市)、加村農薬(静岡市)、エコサンクス(愛知県田原市)、精興園(広島県府中市)などを持つ。
 3社は「対等な立場と精神」での統合をめざし、共同持株会社を設立するかたちで統合する。また、この新たな持株会社は、「随時、新たな仲間を迎える」としており、実際に現段階で参画協議がすすんでいる企業もあり、協議が整い次第、3社と同じ立場で傘下に加わる見込みだという。持株会社は平成28年1月の設立をめざしており、本社は東京都に置く予定。

(関連記事)

全農薬が創立50周年 農薬卸の機能強化を(2014.11.21)

農薬安全技術のレベルアップめざす 安全協(2013.11.21)

マイナー作物の農薬登録拡大 県内外での連携強化が大事(2012.09.18)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る