農薬 ニュース詳細

2018.10.05 
新規農業用殺虫剤「インスカリスR」米国で登録取得 Meiji Seika ファルマ一覧へ

 Meiji Seikaファルマ(株)は、10月3日、同社と学校法人北里研究所の共同開発の殺虫剤「インスカリスR(アフィドピロペン)」のライセンス先であるBASF社が米国の農薬登録を取得したと明らかにした。

 アフィドピロペンは、微生物代謝産物から創出された既存薬剤とは全く異なる新規骨格を有する殺虫成分で、IRAC(殺虫剤抵抗性対策委員会)により、新しい作用機構(サブグループ 9D)に分類されている。
 アブラムシ、コナジラミ、キジラミ等の吸汁性害虫に対して高い殺虫効果を示し、米国では、大豆、ワタ、果樹類、野菜類での登録を取得した。これらの害虫は、吸汁やウイルス病害の媒介により作物の収量や商品価値に影響を与え、既存薬剤に対する抵抗性問題も顕在化している。同剤は、速効的な吸汁抑制作用によりこれらの害虫による被害を防ぎ、抵抗性を獲得した害虫にも高い効果がある。さらに、ミツバチに対する影響が少なく、投下薬量も少ないため、環境に対する負荷の低い薬剤として、持続可能な農業の推進に貢献できる薬剤となっている。
 同剤は本年7月、オーストラリアとインドで販売が開始され、今後、カナダ、メキシコ、アルゼンチンおよび中国等において登録取得を予定している。

 

(関連記事)
殺虫剤インスカリス(R)世界市場で登録取得 BASF(18.06.21)
アザミウマ類、サビダニ類防除に特効薬 ファインセーブフロアブル(18.05.23)
新規殺虫剤のインドでのライセンス契約締結 Meijiとアリスタ(18.03.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ