左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ブラジルで世界若者農業サミット バイエル2018年11月2日

一覧へ

 バイエルクロップサイエンス(株)は、2019年11月4日から6日まで、第4回世界若者農業サミットを、ブラジルの首都ブラジリアで開催する。

 若者の農業離れは、今や先進国共通の社会問題となっている。世界人口は、2050年には100億人にまで急増すると予測されるなか、農業に従事する次世代の若き農業リーダーが、より明確なビジョン、長期的な視野、柔軟な想像力を備え、世界規模で農業課題に共に取り組み、より有益なソリューションを導き出していくことが急務となっている。
 2019年の世界若者農業サミットは、南米で初めての開催。これは広く世界の若者が農業に目を向けること、農業の未来を担うリーダーの育成を見据えて、バイエル社クロップサイエンス部門が世界規模で取り組む農業教育プログラムのひとつとなっている。今回は4回目で、奨学金プログラムなどで農業従事者の支援をおこなう団体「Nuffieldブラジル」と、世界中の国と地域で活動する世界最大級の学生組織AIESECのブラジル支部「AIESECブラジル」の2団体との共同開催。
 このサミットでは、世界中から選ばれた100人の若きリーダーたちが集まり、現代社会の最も大きな問題のひとつである「いかにして地球レベルで食糧を安定的かつ持続可能な方法で供給していくのか」について話し合い、そのソリューションの創出に挑む。招聘される100人は、日本を含む世界中の18~25歳(日本は20~25歳)の農業や食糧問題に高い関心を持つ若きリーダーを対象に募集し、英語による課題動画によって選出される。日本代表は、バイエルクロップサイエンスによって2名を選出する。

応募方法などは次の通り。

【日程】2019年11月4日~6日
【場所】ブラジル・ブラジリア市
【費用】旅費・滞在費はバイエルが負担
【応募資格】2013年・2015年・2017年の世界若者農業サミットに参加していない、農業・食糧安全保障・環境スチュワードシップ・世界飢餓・バイオテクノロジー・農業経営・畜産に関心を持つ20歳から25歳までの若者
【応募方法】プロフィールを入力し、高解像度の写真データと動画をアップロードして応募
【応募フォーム】Youth Ag Summit
【応募期限】2019年1月11日8:59(日本時間)

 動画のテーマやプロフィールの内容など詳細は、明日の農業へ続く道を切り開く、次世代の農業リーダーを募集 第4回世界若者農業サミット、2019年にブラジルの首都 ブラジリアで開催バイエルクロップサイエンスホームページ)で見ることができる。

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る