農薬 ニュース詳細

2019.03.05 
残留農薬分析料金、一部値下げへ サタケ一覧へ

 (株)サタケは、3月1日より残留農薬一斉分析サービスのうち、一部料金を値下げ。新たに「237成分一斉分析コース」としてサービスを開始した。

高性能な分析装置「ガスクロマトグラフタンデム質量分析計」 従来の分析手法を見直し、より高性能な分析装置「ガスクロマトグラフタンデム質量分析計」を導入。分析工数の削減とともに、分析料金の20%引き下げを実現した。新料金は1検体あたり4万円(税抜)。
 分析装置の変更に伴う認定切り替えのため、「147成分一斉分析コース」は一時サービスを停止。本年秋のサービス再開を目指し、鋭意準備中とのことだった。

 

(関連記事)
穀物用乾燥機「サクセス ヴィー」新発売 サタケ(19.02.26)
籾摺精米ブランド「REACH」を海外で販売 サタケ(19.02.07)
光選別機「ピカ選」で挑戦したことは?  サタケ(19.01.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ