想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

光選別機「ピカ選」で挑戦したことは?  サタケ2019年1月29日

一覧へ

 精米機のトップメーカー(株)サタケは、「やってみよう(挑戦)」「変えてみよう(変革)」「諦めない(不屈)」の3つの精神と、自由な発想を大切にしたいという思いから、自社製品を使い音楽演奏にチャレンジした。

サタケ テレビCMの一場面(オーケストラ篇) 使用されたのは光選別機「ピカ選」。白米や玄米の中から異物や着色粒などの不良品を圧縮空気で除去する装置で、近年はプラスチックや食品など穀物以外の用途にも利用範囲が広がっている。
同機は異物などを除去する際に、エジェクター(エア排出ノズル)から「プッ」「シュッ」などの音を発する。この音を制御することで音楽が奏でられるのでは、と考え昨年夏から取り組みが始まった。
 まず、音楽データをエジェクターの噴射信号(バルブの駆動信号)に変換するため専用ソフトを開発。さらに同機の基盤内のプログラムを一部変更し、音のずれや遅れを解消した。

(写真)テレビCMの一場面(オーケストラ篇)

 

サタケ 光選別機「ピカ選」 「ピカ選」の演奏は同社のCMで使用されていて、3月末まで広島、山口、岡山、香川、愛媛の5県で放送されている。

(写真)光選別機「ピカ選」

 

(関連記事)
「佐竹蘇州工場」が創業20周年 (株)サタケ(18.12.11)
サタケが農業食料工学会・森技術賞を受賞(18.09.19)
米の品質を数値化 サタケが新サービス「コメドック」開始(18.06.28)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る