想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の品質を数値化 サタケが新サービス「コメドック」開始2018年6月28日

一覧へ

 (株)サタケは7月1日から、米の品質・価値の数値化および改善提案を行う新サービス「米の品質診断“コメドック”」を開始するが、サービス開始を記念して12月25日まで特別価格キャンペーンを実施する。

 「コメドック」の主な対象は、精米工場などの加工・流通業とJA、農業法人、担い手農家など生産者だ。
 分析項目は(検体は玄米・精米、500g以上)、▽残留農薬簡易分析(68成分)▽重金属分析(カドミウム)▽DN品種鑑定(定性分析)▽食味分析(米粒食味計)の4項目が「基本セット」で、12月25日までのキャンペーン価格は2万5000円(通常価格:3万2000円)となっている。

サタケ コメドック(写真)サタケが新たにはじめたサービス「コメドック」の診断結果報告書例

 

 基本セットの残留農薬簡易分析は、殺虫剤、除草剤等に含まれる農薬成分のうち、68成分が含まれているかどうかを迅速に判定するが、農薬成分がが検出されても68成分のうち「何が検出されたか」は分からないので、検出された成分を特定したい場合は、オプションの「残留農薬(234成分)」を利用する。
 
 「オプション」の分析項目は、
▽残留農薬(234成分)(キャンペーン期間中追加料金2万円、通常価格3万5000円)
▽放射性物質分析(放射性セシウム)(キャンペーン価格4000円、通常価格6000円)
▽外観品質(穀粒判別器)(キャンペーン価格1500円、通常価格2000円)。
 
 サタケでは、数値化した分析結果をもとに、品質管理方法や調整機械のメンテナンスなど具体的な改善提案を行い、米づくりの高品質。高付加価値化に寄与していきたいと考えている。

○問い合わせ先:(株)サタケ穀物分析センター
○TEL:082-420-8558
○FAX:082-420-0005

 

(関連記事)
JA勝英の黒大豆枝豆選別出荷設備が竣工 サタケ(16.03.03)
テニスの二宮選手とスポンサー契約 サタケ(16.02.25)
小型・低価格のフルカラー光選別機「ピカ選MASTER」 サタケ(15.11.20)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る