想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小型・低価格のフルカラー光選別機「ピカ選MASTER」 サタケ2015年11月20日

一覧へ

 (株)サタケは、米穀小売店・精米工場小口ライン向けに、小型・低価格のフルカラー光選別機「ピカ選MASTER」を開発し、11月2日より販売を開始した。出荷は12月1日から始まる。

ピカ選MASTER サタケは2009年に稲作農家向け光選別機「ピカ選」シリーズを開発して以来、10年には精米工場・乾燥調製施設向けの「ピカ選GRAND」、14年には多様な原料に対応した「ピカ選α(アルファ)」を開発するなど、さまざまなニーズに対応した光選別機を提供してきた。
 一方で、米穀小売店や精米工場の小口ラインにフィットする、小型・低価格の光選別機が求められてきた。
 このたび開発された「ピカ選MASTER」は、全高1メートル78センチのコンパクトな光選別機だ。
 従来機(サタケカラーマスターGSシリーズ)からの更新の際にも、タンクや昇降機などの付帯設備工事を最小限に留め、導入コストを抑えることができる。
 シュート部には、全面U溝シュートを採用し、原料の流路を制限することで、不良品除去時の良品巻き添えを低減できるため、1次選別のみの仕様ながら、高い歩留りを実現した。2次選別を省いたことで、構造がシンプルになり、本体価格を低く抑えることができた。
 また選別部には、ピカ選シリーズで定評のあるフルカラーカメラを採用。色差の小さい不良品や異物も、高精度に選別・除去できる。
 対象原料は、うるち白米・玄米と、もち白米・玄米で、時間当たりの処理能力は、0.3トンから1.7トンまでと、幅広く対応する。
 メーカー希望小売価格は300万円(税別)、年間販売目標は300台。
○「ピカ選MASTER」に関する問い合わせは、(株)サタケ システム企画室TEL:082-420-8549まで。
(写真)ピカ選MASTER

(関連記事)
サタケが「第30回プラントショー」に光選別機新製品を出展 (15.11.11)

・マネジメントシステムで永年登録表彰 サタケ (15.10.16)

トルコの製粉メーカーと提携 サタケ (15.07.06)

トルクメニスタンより精米・種子用機器を受注 サタケ (15.07.01)

全国醸造機器用品展サタケで開催 (15.05.11)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る