Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トルコの製粉メーカーと提携 サタケ2015年7月6日

一覧へ

 6月29日、サタケ(本社:東広島市、佐竹利子代表)と、トルコ共和国の大手製粉機メーカー、アラパラ社は、製粉機器の相互生産、共同開発、相互販売などを行う提携契約を結んだ。

提携契約書調印後の記念撮影 サタケは精米機、製粉機などの大手穀類加工機械メーカーであり、アラパラ社はトルコの大手製粉メーカーだ。両社は6月29日、サタケ広島本社において、提携契約(提携名称:戦略的パートナーシップ)を締結したもの。
 近年、世界の製粉機業界では、トルコ勢の躍進が著しく、アラパラ社は同国で売上トップを誇っている。これまでサタケは、アラパラ社との取引実績もあり、比較的良好な関係を維持してきた。
 この両社の関係をさらに発展させ、両社が対等な立場で互いの得意分野において業務を補完・分担し、共に競争力を高めることを目的に、業務提携を目指してきた。
 2015年4月、提携契約(戦略的パートナーシップ)に基本合意し、6月29日に同提携の包括契約を締結。7月以降に提携分野の個別契約(各提携分野における具体的な事項の契約)を締結する予定だ。

◎本契約の提携内容
▽提携分野:商品開発、生産、調達、営業、マーケティング、アフターサービス
▽本契約の意義と今後の見通し:本契約は両社に多面的な利点をもたらすと考えている。互いの技術力、営業力、人的資源を有効活用または補完・分担することにより、競争力のある製品の開発、販売地域・販売量の拡大、コスト削減などの効率化を図ることができると考えている。
 販売エリアについても、両社がそれぞれに強みを持つ商圏を積極的に開拓し、相互にグローバルな商圏拡大を企画している。
▽本契約に対する両社のコメント
○サタケ=佐竹利子代表:「今回の提携により、開発・製造・販売からアフターセールスの各分野において、両社の持つ強みを融合させることで、穀物業界における世界展開を拡大できることを喜ばしく思う」
○アラパラ社=ゴルケム・アラパラ副会長:「アラパラ社とサタケの業務提携により、両社は穀物業界にユニークなサービスを提供することが可能になる」

◎アラパラ社概要
・本社:トルコ共和国チョルム市
・設立:1954年(創業61年)
・資本金:850万トルコ・リラ(約3億8600万円)
・従業員:約400人
・売上高:約92億6300万円。

(写真)提携契約書調印後の記念撮影

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る