左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サタケが農業食料工学会・森技術賞を受賞2018年9月19日

一覧へ

 (株)サタケの技術本部・副本部長である水野英則氏が9月10日、愛媛大学で開催された農業環境工学関連学会2018年合同大会で、「機能性と美味しさを両立させる γ(ガンマ)ーアミノ酪酸(GABA)生成技術」の研究業績 に対し「農業食料工学会・森技術賞」を受賞した。

農業食料工学会表彰式(左:近藤直会長、右:水野英則) (株)サタケは、米が本来持つ機能性成分GABAに注目し、容易に摂取できるようにするためGABA生成装置や生成機能を備えた家庭用精米機の開発に取り組んできた。これらの業績により、生活習慣病の罹病者や潜在予備患者の健康管理に寄与し、さらには国民医療費の軽減や、米消費拡大による稲作の再構築、水田の多面的機能の維持にも貢献し得る点が評価された。

 

(写真)農業食料工学会の近藤直会長(左)と受賞した水野英則氏

 

農業食料工学会森技術賞の盾 農業食料工学会は毎年、各種表彰を行っており、森技術賞は▽農業機械の開発研究▽農業機械の試験・測定法または試験装置の創出▽農業機械の利用に関する技術体系の確立▽農業施設、食料・生物資源の工学的処理技術等の開発研究▽農業施設、食料・生物資源の工学的処理技術等の試験・測定法または試験装置の創出▽農業施設、食料・生物資源の工学的処理技術等の利用に関する技術体系の確立といった農業食料工学に関する技術の進歩に貢献した具体的成果に対し授与している。

 

(写真)森技術賞の盾

 

(関連記事)
史上初、たんぱく質を減らした「玄米ごはん」開発 東洋ライス(18.07.19)
米の品質を数値化 サタケが新サービス「コメドック」開始(18.06.28)
佐竹 利子 氏(株式会社サタケ 代表)(18.01.03)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る