農薬 ニュース詳細

2019.03.29 
水稲除草剤「ジャンダルム MX1キロ粒剤」販売開始 シンジェンタ一覧へ

 シンジェンタジャパン(株)は、2月13日に農薬登録を取得した新規水稲用除草剤「ジャンダルム(R) MX1キロ粒剤」の販売を4月より開始する。

水稲除草剤「ジャンダルム MX1キロ粒剤」.jpg この剤は、高葉齢ノビエに対して効果の高い「ピリフタリド」と、SU抵抗性雑草に有効な「メソトリオン」に、多年性広葉雑草に効果の高い「ピリミスルファン」を配合した新しい水稲用初・中期一発処理除草剤だ。
 ブランド名の「ジャンダルム」についてシンジェンタでは、「主峰を守る岩峰の意で、どっしりと構える岩峰と、場面を選ばず安定した効果で美しい田んぼを守るこの剤のイメージを重ねて名付けたとコメントしている。

〇ジャンダルム MX1キロ粒剤の特長は
(1) 移植時(田植同時散布機で施用)からノビエ3.5葉期までの幅広い散布適期で、多様な作業スケジュールに対応、(2) 水管理の難しい圃場でも安定した効果、(3) 相性の良い3つの有効成分で、ノビエはもちろん、SU抵抗性の各種雑草や多年生雑草まで幅広い草種に高い効果、(4) 湛水散布に加え、田植同時散布機や無人航空機による散布まで、多様な散布方法に対応、にある。

 同社では、引き続き「ジャンダルムMX豆つぶ250」「ジャンダルムMXジャンボ」の販売を予定している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ