Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本戦略で一歩前進 BASF子会社と日本企業が販売代理店契約2020年9月17日

一覧へ

BASFは9月16日、ドイツの子会社と日本の企業が赤外線センサーの販売代理店契約を締結したと発表した。BASFの日本戦略の一環。

販売代理店契約を締結したのは、トライナミクス社(本社独)と(株)アイ・アール・システム(東京都多摩市、新坂 誠宏社長)。トライナミクス社が開発・製造する赤外線センサーをアイ・アール・システム社が日本市場に向けて販売することを契約したもの。

相互の営業活動を制限しない非独占的な販売代理店契約とすることで相乗効果を狙うとしている。

すでにBASFジャパン(株)(東京都中央区)内に推進チームを設けて日本での事業拡大が目指されており、商品の供給も開始されている。

対象となる赤外線センサーは、使用環境中の水分や酸素による品質劣化を極限まで低減させることができるなど、様々な産業領域において優れた機能を発揮することが可能になるとしている。

【BASF】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る