想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

遺伝子組換え作物の商業栽培に関する年次報告書を紹介 バイテク情報普及会2020年12月21日

一覧へ

バイテク情報普及会(CBIJ)は、国際アグリバイオ事業団(ISAAA)は11月30日に発表した遺伝子組換え作物の商業栽培に関する年次報告書を紹介している。

報告書によると、2019年は29か国、合計1億9040万ヘクタールで遺伝子組換え(GM)作物が栽培された。アフリカでは、2019年の遺伝子組換え作物の栽培国数が3ヵ国から6か国に増加。米国、ブラジル、アルゼンチン、カナダ、インドの上位5か国における遺伝子組換え作物の高い普及率は、世界19億5000万人に影響。また、ベトナム、フィリピン、コロンビアで遺伝子組換え作物の栽培面積において二桁の成長率を記録した。

ISAAA理事長のポール・S・テン博士は「緑の革命時は、生産性の飛躍的な向上は機械化や化学農薬・化学肥料の使用により成し遂げられたが、『新・緑の革命』時代である現代は、バイオテクノロジーが農場をより生産的で収益性の高いものにするために漸進的な役割を果たしている」と説明。さらに、「大規模なアグリビジネスが小規模農家を巻き込む傾向には懐疑的な見方が多く、批判的な見方があるが、小規模農家の生産性が飛躍的に向上する可能性を秘めていることには明るい兆しがある」と話している。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る