想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大豆生産者に包括的防除を提案「ワンサイドP乳剤」販売 BASFジャパン2021年2月17日

一覧へ

BASFジャパンは、イネ科雑草除草剤の「ワンサイドP乳剤」を同社が販売することについて石原バイオサイエンスと合意し、2月16日から販売を始める。

イネ科雑草除草剤「ワンサイドP乳剤」イネ科雑草除草剤「ワンサイドP乳剤」

「ワンサイドP乳剤」は、フルアジホップPを有効成分とする選択性茎葉処理型除草剤。一年生・多年生のイネ科雑草に高い防除効果を発揮し、作物選択性に優れ、広葉作物にはほとんど影響を及ぼさない。雑草茎葉部から速やかに植物に吸収され、耐雨性に優れ、有効成分が植物体内を速やかに移行し根まで枯らすことができる。また、ススキ、チガヤ、外来雑草ジョンソングラス(セイバンモロコシ)など大型イネ科雑草にも効果を発揮する。

同社は、様々な作物を対象に除草剤を提供。中でも大豆向けの除草剤に、「バスタ液剤」「プロールプラス乳剤」「フィールドスターP乳剤」「パワーガイザー液剤」「BASF大豆バサグラン液剤」などがある。さらに、「ワンサイドP乳剤」が加わったことで、播種前から生育期まで、大豆栽培のあらゆる時期で必要となる除草剤を、包括的にら提供する体制が整った。

BASFジャパン アグロソリューション事業部マーケティング部ディビジョンヘッドの野田信介氏は「大豆は地域によって問題となる雑草の種類や特性が異なるため、土地ごとに防除体系を組む必要がある。BASFは幅広い製品ラインナップを活用し、その土地や個別の大豆生産者のニーズに応じて体系的な雑草防除のソリューションを提案する」と説明している。

【BASFの大豆向けソリューション詳細】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る