人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

持続可能な社会に貢献する企業へ 日本農薬 新中経策定2021年5月17日

一覧へ

日本農薬(株)は5月12日、新中期経営計画を公表した。先進技術による農業生産や健康的な生活を支え、持続可能な社会に貢献する企業グループをめざす。

日本農薬は、▽安全で安定的な食の確保と、豊かな生活を守ることを使命として社会に貢献する、▽技術革新による新たな価値の創出にチャレンジし市場ニーズに応える、▽公正で活力ある事業活動によりすべてのステークホルダーの信頼に応える、を基本理念に掲げている。これを基にグループビジョンとして、▽新規農、医、動物薬など、顧客ニーズに適う先進技術を提供し農業生産や健康的な生活を支える、▽低環境負荷製品、省力化技術など、SDGsに資する製品、サービスを拡大し持続可能な社会に貢献することをめざしている。

ビジョン実現に向け新中期経営計画(2021年度~2023年度)「Ensuring Growing Global 2(EGG2)」を策定した。新たなコーポレートステートメント「Global innovator for Crop & life 食とくらしのグローバルイノベーター」を掲げ、前中期経営計画に引き続きグローインググローバルを確固たるものにする基盤強化を行う。収益性の向上に加え、技術革新・次世代事業の確立、持続的な企業価値の向上を基本方針とし、先進技術による農業生産や健康的な生活を支え、持続可能な社会に貢献する企業グループをめざす。

2024年3月期計画では、連結売上高890億円(目標売上高1000億円)、営業利益64億円、海外売上高571億円、海外売上高比率64%としている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る