人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

有機リン系農薬市場 世界の需要分析と2029年までの見通し2021年8月17日

一覧へ

Research Nester Private Limitedは8月8日、調査レポート「有機リン系農薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」を発行した。

有機リン系農薬市場 世界の需要分析と2029年までの見通し

同レポートは世界の有機リン系農薬市場は、2021~2029年の予測期間中に高いCAGRで成長すると予想。成長の主な要因は、幅広い用途、低価格と有機リン系農薬の容易な入手が可能であること。人口増加で高まる食糧ニーズを満たすため、農家は化学農薬の使用増加を含む新しい農業慣行を実施することから、市場の成長を後押し。さらに、農薬の毒性を減らし、効率を改善するための継続的な研究と実験は、市場の成長を後押しすると予測される。

北米市場は、農薬が収穫後の作物の寿命を延ばすため、輸出志向型農業慣行の増加を背景に、予測期間中に大きなシェアを獲得すると推定されている。特に米国は、2018年に農薬の総使用量が約4000トンを記録したことから、農薬の最大の消費者の1つであると推定。さらに、有機リン系農薬は、米国で使われている農薬全体の主要なシェアを占めている。

アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に大幅なCAGRを達成すると予想。世界銀行によると、2019年、農業および漁業セクターは南アジア地域の総GDPの16.291%に相当した。この要因は、予測期間中に有機リン系農薬市場の成長に貢献すると予測される。

有機リン系農薬市場に主な企業は、Adama Agricultural Solutions Ltd.、Spectrum Brands, Inc.、Bayer AG、Nufarm Limited、BONIDE Products LLC、FMC Corporation、AMVAC Chemical Corporation、BASF SE、Rallis India Limited、UPL Limitedなど。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る