2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

売上高は20.1%増 2022年10月期第3四半期決算短信 クミアイ化学工業2022年9月14日

一覧へ

クミアイ化学工業株式会社は、2022年10月期第3四半期の決算短信(2021年11月1日~2022年7月31日)を発表した。

売上高は1063億3400万円。農薬および農業関連事業、化成品事業の販売が好調で、為替が想定よりも円安に推移したことが影響した。営業利益は103億4200万円、前年同期比で50.3%の増加となった。経常利益は、161億5300万円で前年同期比で78.9%の増加となった。海外向けの売上高の割合は51.8%となった。

農薬および農業関連事業については、水稲用殺菌剤「ディザルタ剤」や「エフィーダ」を含有する水稲用除草剤の販売が好調に推移した。海外向けは、畑作用除草剤「アクシーブ剤」の需要の増加から、主要販売国であるアメリカ、アルゼンチン、ブラジル、オーストラリア向けの出荷が伸長した。また、欧州向けの植物成長調整剤「プロヘキサジオンカルシウム剤」の出荷も順調に推移したことで、前年同期を大幅に上回った。農薬および農業関連事業の売上高は821億4500万円、前年同期比で22.8%増加となった。営業利益は103億7200万円、前年同期比で55.6%の増加となった。

化成品事業については、クロロキシレン系化学品、ビスマレイミド類やウレタン硬化剤等の販売が順調に推移した結果、売上高が185億3300万円、前年度同期比で23.6%の増加となった。営業利益は6億7600万円、前年同期比で17.7%の増加となった。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る