Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

農薬の上手な施用法2【防除学習帖】第82回2020年12月18日

一覧へ

前回から農薬の製剤を紹介しており、水和剤など水に希釈して散布する製剤を紹介した。今回はその続きで、それ以外の製剤の特徴を紹介する。

3.分類(1)剤型による分類

農薬が効果を発揮するためには、有効成分をムラなく農作物に付着させる必要があり、そのことを実現し、散布しやすいように工夫されているのが剤型である。剤型は、有効成分の性状(固体か液体か、水に溶けるか溶けないか)に合わせて多数のものがある。

前回、水に希釈して散布するもの(水和剤、エマルション剤、液剤、フロアブル剤、SC剤、水和剤、水溶剤など)を紹介したので、今回は、そのまま散布するもの(粉剤、粒剤、糞粒剤、ジャンボ剤など)、煙化して充満させるもの(くん煙剤)、ガス状の有効成分を直接施用するもの(くん蒸剤)、そのまま塗り付けるもの(塗付剤、ペースト)、製剤そのものを食べさせるもの(ベイト剤)、液体そのものを希釈せずに使用するもの(油剤)、肥料に農薬を混ぜたもの(農薬入り肥料)を紹介する。

これらの剤型の特徴は表に示したとおりであるが、いずれも製剤そのものを散布するものが多い。これらは、有効成分の効果を最大限引き出すために、また、効果的に施用できるように製剤の工夫がなされているので、製品ラベルに記載されている施用上の注意事項をよく読んで、その製剤に合った使い方を正確に行ってほしい。それが、その農薬の効果を最大限に引き出し、薬害を回避するために最も重要なことである。

農薬の剤型と特徴

このシリーズの一覧は以下のリンクをご覧ください

防除学習帖】

NOYAKU1_1600_900.jpg

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る