左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域生協 2年ぶりに増収増益2014年9月24日

一覧へ

2013年度生協の経営統計まとまる

 日本生協連は、全国583生協(日本生協連加盟生協と、医療福祉生協、大学生協を含む)の経営実態調査をもとに、2013年度の組織と経営状況を「2013年度 生協の経営統計」としてまとめた。

 これによると全国の生協組合員数は前年より31万人増加して2734万人となっている。このうち、地域生協の組合員は38万人増加して2012万人(前年比101.9%)と、初めて2000万人を超え、世帯加入率は0.5ポイント増の36%となった。
 全国の生協の総事業高は3兆3524億円(同101.0%)、経常剰余金は403億円(同109.0%)となっている。このうち地域生協の総事業高は2兆6853億円(同101.3%)、経常剰余金は342億円(同120.6%)と、2年ぶりに増収増益となった。
 地域生協供給高の約6割を占める宅配事業供給高は、1兆6714億円(同101.9%)の増収となっている。このうち個配供給高は1兆741億円(同103.5%)となっている。
 一方、地域生協の店舗事業高は、前年度より42億円減の8801億円(同99.6%)だった。店舗数は前年度より31店舗減の980店舗、売場面積は117万5796平方m(同99.0%)となっている。
 なお、地域生協の福祉事業の総事業高は185億円で同106.3%と伸長を続けている。


(関連記事)

【米価暴落】空前の低米価 農家経営を直撃(2014.09.22)

秋の大試食会開催 生活クラブ千葉(2014.09.16)

【農協改革】ICA調査団・ジャン=ルイ・バンセル氏インタビュー 協同組合は地域社会に貢献(2014.09.08)

家族農業の価値シンポジウム開催 生活クラブ(2014.08.26)

総供給高再び前年下回る 主要生協7月度供給高(2014.08.22)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る