左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食費の節約傾向の反映 日本公庫2015年8月28日

一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は、7月に実施した平成27年度上半期消費者動向調査を公表した。全国20~70歳代の男女2000人(男女各100人)にインターネットで調査を行ったもの。

◆70代が手作り食を意識

 現在の食の志向に関して、健康に配慮したいと答えた人は41.0%で、平成23年以降、40%強を維持している。特に年代が上がると健康に配慮する考え持つ人は増加傾向にある。その一方で「経済性志向」が38.4%と前回27年1月より6ポイント上昇しているのが、今回の特徴だ。食費節約に関する考え方では、若い世代は節約を考えるものの、年代が上がるとともにその傾向は下がっている。
 例年行われている調査の中で、今回「食材にこだわった手作りの食をとりたい」と答えた人が23.6%で、前調査に比べ、4.9ポイントの増加となった。年代別にみると20~60歳代は20%前後を維持しているのに対し、70歳代は37.6%の人が手作り食に関心を持っていることが分かった。
 今後の食に関して気に掛ける事項は、1番に「健康」、次に「経済性」、「安全」が続いた。


◆買い物で国産気にする人8割

 食料品を購入する際、国産かどうか気にする人は8割で、22年から続く調査でも、ずっと7割を超えている。
 外食で原材料が国産かどうか気にする人は39.1%で、気にかけない人のほうが52.5%と多かった。
 国産原料に対して持っているイメージは、「高い」「安全である」「おいしい」といった内容が過半を占めていた。輸入食品に対してのイメージは、「安い」が過半を占める。安全面に関して問題があるように感じている人は49.0%、どちらともいえないと答えた人は49.2%だった。また輸入食品がおいしいかおいしくないかに関しては、どちらともいえないと答えた人が79.3%と最も多かった。
 割高でも国産を選ぶと答えた人は64.1%。特に割高でも国産を選ぶ食品は、それぞれ以下の表の通りとなっている。

表 食品別「割高でも国産選ぶ」

(関連記事)

農業経営アドバイザー3354名に 日本公庫(15.08.17)

当期純損失1347億円を計上 日本公庫 (15.06.03)

口永良部島噴火で災害特別相談窓口 日本公庫 (15.06.02)

担い手農業者向け融資が伸長 日本公庫 (15.05.12)

姫路信金とCDS基本契約 日本公庫 (2015.05.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る