左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

当期純損失1347億円を計上 日本公庫2015年6月3日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は6月2日、27年3月期決算を発表した。

 当期決算は前期比988億円悪化し、純損失1347億円を計上した。信用保険等業務勘定で保険契約準備金のあり方を変更したことが主な要因という。
 保険引受額は減少し、代位弁済額も減少しているが、融資先の残高内容を精査したうえ保険契約準備金の見積もりを見直した。それによって信用保険等業務勘定の純損失が前期比2636億円悪化し、2768億円になったことから事業全体で純損失の計上となった。
 農林水産事業は資金運用収益393億円の計上などで経常収益は473億円となった。一方、資金調達費用319億円、貸倒引当金繰入額62億円の計上などで経常費用は570億円となった。特別損益も含めて経常費用については政策コストとして政府補給金が充てられることになっており、今期は63億円の計上によって当期純利益0円とした。

 

(関連記事)

口永良部島噴火で災害特別相談窓口 日本公庫 (15.06.02)

担い手農業者向け融資が伸長 日本公庫 (15.05.12)

姫路信金とCDS基本契約 日本公庫 (2015.05.11)

スーパーW資金を拡充 日本公庫 (2015.04.14)

融資制度を拡大 日本政策金融公庫 (2015.04.10)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る