Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

融資制度を拡大 日本政策金融公庫2015年4月10日

一覧へ

日本政策金融公庫は平成27年度予算成立に伴い、中小企業・小規模事業者や農林漁業者などへの支援を強化するため、融資制度を拡充し、4月10日から取り扱いを始めた。

 主な拡充内容は次の通り。
 (1)小規模事業者経営発達支援資金の創設
 小規模支援法の認定を受けた商工会議所・商工会による「事業計画の策定支援等を受けて持続的発展に取り組む小規模事業者に対する融資制度。

 (2)海外展開資金の拡充。
 1)融資対象者に『海外展開事業の再編(全部または一部の廃止を含む)を行う方」を追加した上で、制度名を「海外展開・事業再編資金」に改称。
 2)特別利率の限度額を拡充(2億7000万円→4億円)
 3)外貨(米ドル)による貸付を行う制度(外資貸付)を創設。

 (3)教育貸付資金の拡充。
 父子家庭への特別措置を導入(貸付利率の低減〈▲0.4%〉、及び融資期間の延長〈15年→18年〉)。

 (4)農林漁業施設資金(スーパーW資金)の拡充。
 認定農業者が別法人を設立して行うアグリビジネスを推進するための資金を拡充(地域経済の活力維持に資する事業の場合等は融資限度額を引き上げ〈―融資限度額=負担額の80%→同90%〉、及び融資期間・据え置き措置の延長等)。

 問い合わせは同公庫広報部報道課(TEL)03‐3270‐1266。

 (関連記事)

豊橋商工信用組合と契約 日本政策金融公庫のCDS (2015.04.02)

食品産業の景況感は足踏み 日本公庫調査 (2015.03.18)

CDS基本契約締結金融機関が100に 日本公庫(2015.01.29)

農業経営アドバイザー3100人超える 日本公庫(2015.01.28)

鳥インフル発生で資金相談窓口 日本公庫(2015.01.22)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る