金融・共済 ニュース詳細

2015.01.28 
農業経営アドバイザー3100人超える 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業が認定する農業経営アドバイザーの平成26年度後期研修・試験が1月16日に行われ、新たに267人が合格。アドバイザーの総数は47都道府県で3127人となった。

 農業経営アドバイザーは、農業の特性を理解している税務・労務・マーケティングの専門家を育成するもので、年2回研修・試験を行っている。
 20回目となる今期は483人が受験し、合格率55.3%だった。合格者の内訳は、税理士・公認会計士39人、金融機関職員128人、農協職員64人など。全アドバイザー3127人の内訳は、税理士・公認会計士831人、金融機関職員1291人、農協職員388人、公庫職員219人、その他398人となっている。
 平成27年度は前期の研修・試験が4月に募集、6月に実施の予定。また、10月中旬にはアドバイザー資格取得者を対象にしたスキルアップミーティングを東京で開催する予定だ。


(関連記事)

鳥インフル発生で資金相談窓口 日本公庫(2015.01.22)

愛知・五条高校が優勝 ビジネスプラン競う(2015.01.15)

大分みらい信金、磐田信金と提携 日本公庫(2014.12.22)

宮崎の鳥インフルで相談窓口設置 日本公庫(2014.12.22)

高校生のビジネスプランコンテスト 日本公庫(2014.12.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ