食品流通 ニュース詳細

2015.09.18 
摂食回復支援食「あいーと」に「チキンカツ」と「赤飯」新登場一覧へ

 大塚グループの経腸栄養剤メーカーであるイーエヌ大塚製薬(株)は、見た目そのまま、舌でくずせるやわらかさで人気の摂食回復支援食「あいーと」の新メニュー「チキンカツ」、「赤飯」を10月1日より販売する。

 「あいーと」は、通常の食事を摂ることが難しい人の為に、食べる機能と栄養状態の回復を支援する食品(冷凍食品)だ。独自の技術「酵素均質浸透法」により、食材本来の形や色、味および栄養素をそのままに保ち、舌でくずせるやわらかさに仕上げてある。
 調理は、蒸し器または電子レンジで温めるだけの手軽さだ。プロの料理人による味付けをはじめ、見た目、食べやすさ、必要かつ十分なカロリーや栄養素へのこだわり、含有栄養素、アレルギー物質の詳細を公開するなど、実際に「あいーと」を食べる人の目線に立った、製薬会社ならではの配慮が尽くされている。
 食欲は人が生きていく上で不可欠の欲望であり、調理された食材の見た目や色合い、香りや味も、食欲に大きく影響する。「あいーと」は、「咀嚼力が低下した高齢者」「摂食機能が低下した人」「栄養バランスや十分な栄養摂取に不安が残る人」向けの摂食回復支援食だ。
 「チキンカツ」は、衣のふんわりした食感と、鶏肉の絶妙な香ばしさが特長で、特製ソースをつけて楽しめる。高齢者も近年は肉を好む傾向にあり、揚げ物の人気も高い。介護食ではチキンカツなど揚げ物の商品は少なく、利用者から揚げ物メニューを求める声が多く寄せられていた。
 慶事や季節行事で食べられる定番の「赤飯」は、全粥程度の軟らかさを保ちながらも粘りを抑え、深みのある米の味と艶やかな小豆の調和を実現したものだ。「チキンカツ」の価格は510円、「赤飯」は490円(共に税別)。
 同社は、通常の食事を摂ることが難しい人にも、「食べる楽しみ、選ぶ楽しみ」の機会が増えるよう、新メニューの開発を進めている。「あいーと」という商品名は「I eat=私は食べる」という能動的で自発的な意味を込めて名付けられたものだ。
 「あいーと」は、新商品開発、販路拡大を進めてきており、2015年の10月1日からは、合計41商品を提供する予定だ。病院・施設向けには全国の契約代理店より購入できる。
・この商品に関する問い合わせは、イーエヌ大塚製薬(株)お問い合せ窓口TEL:03-3515-0170まで。

摂食回復支援食「あいーと」の新メニュー

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ