Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

初午の日は 「いなり寿司」 (一社)日本惣菜協会2015年12月17日

一覧へ

 (一社)日本惣菜協会は「初午(はつうま)の日」に「いなり寿司」の発売を呼びかけている。

いなり寿司ポスター 同協会は日本の食文化の伝承と地域食材の普及を目的に同イベントの呼びかけを2013年から始めている。これは女性の社会進出などにより調理の簡便化などが進み、日本食の伝承が失われていくことを危惧し、地域の食を支えるスーパーなどで伝承と地域食材の普及に貢献することが目的。
 初午は、稲荷神が降りてきたことをお祝いする日(稲荷の誕生日)で各地の稲荷神社で祭りが行われ、「いなり=稲が成る」ことから古来より五穀豊穣を祈願してきた。
 稲荷神は生命の根源を司り、農業・商業・工業などの神として広く崇敬されている。その使いの狐の好物が油揚げであることから、初午の日に「油揚げ」や「いなり寿司」など奉納するようになったとされている。
 初午の日は2月の最初の午の日のこと。2016年は新暦で2月6日、旧暦で3月13日が初午の日になる。都内スーパーで初午の日にいなりを販売した事例
(写真)都内スーパーで初午の日にいなりを販売した事例

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る