左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

七夕は「乾しいたけの日」 銀座でイベント2017年7月3日

一覧へ

 乾シイタケの需要拡大に向けた「日本産・原木乾しいたけをすすめる会」では、7月7日12時から東京の銀座数寄屋橋公園でイベントを開催する。

乾しいたけ貴婦人キャンペーンシール これは乾シイタケの旬が6月から7月であることや、七夕の「星」と乾シイタケの「乾し」をかけ、七夕の7月7日を「乾しいたけの日」とし、需要拡大を訴えるイベントとして開催されるものだ。
 当日は、産地である熊本県の「くまモン」、大分県の「めじろん」、岩手県の「そばっち」といったキャラクターと乾シイタケのマスコットキャラクターである「乾しいたけ貴婦人」が乾シイタケのPRを行う。
 当日は、乾シイタケの無料配布(1000袋)、乾シイタケの料理レシピなどを配布する。
 また東京以外でも、宮城県(7日11時から県庁)、新潟県(22日13時からアミューズメント佐渡<佐渡市>)、長野県(8日、9日、飯田市の飯伊森林組合)、兵庫県(7日11時から姫路市御幸通り商店街など)、愛媛県(6日9時30分からコープえひめ、コープ束本)、宮﨑県(7日10時からイオンモール宮﨑)などでも開催される。

(画像)乾しいたけ貴婦人キャンペーンシール

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る