左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナウイルスがもたらす購買行動の変化 レシートからデータ解析 アスマーク2020年4月14日

一覧へ

 マーケティングリサーチのアスマーク(東京都渋谷区東)は4月13日、新型コロナウイルスがもたらす購買行動変化を、レシートによる実購買データを解析し、レポートを公開した。

食品系の月間購買比較


 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛が求められる中、同社は、レシート情報を用いた実購買データをもとに、「直前(海外発生期)」と「国内流行早期」における、生活者のリアルな消費行動と購買内容の変化を分析した。

 「消費者のスーパーやコンビニの利用回数はどのくらい減ったか」「どのような購買が増えたか」「何を買い控えたか」など実態をつかむため、同社が運営するレビューサイト「シェアビュー」の登録会員から収集したレシート情報を使い、首都圏在住の20代~50代の女性41人のデータを調べた。

 同社は、レシートデータは、少人数でも1人単位で深い消費データをシングルソースで追える特長を持つとしている。

 その結果、食品で消費増が顕著だったのは、「ドレッシング」。同時に野菜全般で、「きゅうり、にんじん、じゃがいも、レタス」も大幅な需要増となった。にんじん・じゃがいもは「インスタントカレー」の材料として推測され、きゅうりやレタスは野菜を積極的に取りたいというサラダ需要と見られる。

 日用品系では、「シャンプー」や「洗顔料」、「衣料用合成洗剤」など身体を清潔に保つ商品や、「漂白剤」「歯ブラシ」「歯磨き」など衛生系商品の売上が伸びた。漂白殺菌効果や身辺を清潔に保つという意識がこれらのジャンルの消費を押し上げた可能性がある。

 全体的に「買い控え」や「行動変化」が見られる中、スーパーの平日購買量が減り、週末に大きく伸びるまとめ買いの実態がデータからも確認された。

 また、休日の購買内容を詳しく見ると、「米」や「野菜」「レトルト系食品」といった商品を中心に購買額が増加していた。

 レポートの全体は、無料で提供している。

 
【レシートによる実購買データを解析】


日用品系の月間購買比較
平日/休日の購買実態からみる行動変化

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る